片手土鍋

日々の料理に使う土鍋

2003年前後、私が初めて試作した土鍋が片手土鍋でした。毎日使える土鍋というコンセプトのもとで制作を開始し、その後、現在まで改良を重ね、完成度を高めてきました。
「毎日使っています」という声を、多数いただいています。

タイプ
* ガス対応片手土鍋
* IH対応片手土鍋(ガスにも対応)

カラー
* フランボワーズ(赤)
* マッシュルーム(白)
* アッシュブラック(黒)

サイズと重さ
胴部の外径 160mm
胴部の高さ 105mm
全長 335mm
重さ(蓋+本体) 900g~950g

(※  サイズと重さはおおよその値です)

 

片手土鍋の特徴


軽くて取り回しが楽です  

  • 軽いので片手で楽に持ち上げることが出来ます。
  • 毎日の料理に使っても、鍋が重くて嫌になることはありません。

鍋つかみ(ミトン)がいらないので、手軽に料理が楽しめます

  • ガスコンロの火で加熱しても、鍋の持ち手が熱くなりにくい構造です。
  • 料理中、具材を混ぜたり炒めたりする時や、鍋を別の火口に置き換える時、料理後にアツアツの鍋をそのままテーブルに運ぶ時も、鍋つかみ(ミトン)は、必要ありません。手軽に、シンプルに料理を楽しむことが出来ます。

洗いやすさも考慮した形状です

  • 鍋本体上部の蓋受け部分の段差を無くしたシンプルな構造です
  • 軽いので、内側も外側も楽に洗えます。

料理では・・・

使い勝手を考えて制作しています

  • ご飯は3合まで炊けます。
  • お味噌汁やスープのおかわりも温かいままです。
  • 食材との相性が良く、穏やかに加熱できます。
  • 均等に煮えが立ち、理想的な熱回りです。
  • 微妙な火力調整が可能です。
  • 煮る・炊く・炒める・揚げる・焼く・蒸す・焙じる、の各調理方法に対応します。

他の機能

土鍋の基本性能は、しっかりと備えています

  • 耐熱衝撃性に優れています。
  • 保温性・蓄熱性に優れています。
  • 遠赤外線放射特性に優れています。
  • 耐酸性・耐アルカリ性を保持しています。
  • 耐久性に優れています。
  • 食品衛生法に適合しています。

 


  • 一人で制作していますので、量産は出来ません。また、同じモノを継続的に制作してはいないため、在庫切れになる場合もあります。
  • 仕様(カラー・形状・等)は、予告なく変更する場合があります。
  • 現品のみの販売とさせていただいています。在庫切れの場合、ご注文はお受けできませんのでご了承ください。遠方に在住で現品を見に行けない方や、在庫の確認、その他、不明な点がありましたら、お問い合わせください。

 

 

セラミック作家 堀地幸次のサイト