「未分類」カテゴリーアーカイブ

謹賀新年

 賑やかな大みそかの余韻を残しつつ工房で迎えた元日は、静謐な日の出前の目覚めと心地よい寒さの中で風呂を焚くことから始まった。

薪のはぜる心地よい音と炎のゆらめきが、未明の時を目覚めさせる。

本年もよろしくお願い致します。

予想外のこと

 畑のサツマイモを収穫した。まず株もとの適当な外縁部にスコップを差し入れ、少しだけスコップを返して土を緩めてから手で芋を掘るという手順で作業をした。いつもは購入苗を植えるのだが、今年は、知人が作った苗をいただいて植えたサツマイモだ。品種は3種類あったが、気にしていなかったので、どこに何を植えたのか、或いは何が何株あったのか覚えていない。

 掘り始めると、その畝は安納芋がメインで、予想以上に出来が良かった。何株か堀り上げ、次の株に移り、例によってスコップを外縁部に差し入れた時、スコップが半分ほど土に刺さった時点で不意に抵抗を感じ、それ以上刃が進まなくなった。とっさに「石に当たったんだな」と思い、石の大きさを探ろうと、スコップでその周辺をまさぐった。しかし、石ならば手に固い感触が伝わりゴリゴリと音がするはずなのに、音もせず、なんだか柔らかい感触が伝わってきた。「あれっ」と思いスコップを抜いた瞬間、その部分の土がゆらゆらと揺れた。「何か出てくる!」と思って息を呑んでみつめていると、土の中から大きなヒキガエルが現われた。写真ではわかりにくいが、20cm程もある大物だ。背中に斜めにスコップの刃の跡がついているのが分かるだろうか。

 思わず「お前大丈夫か?」と声をかけたが、さすがにスコップの刃の攻撃は強力だったとみえて、体を膨らませて威嚇のポーズをとったカエル君はじっとして動かない。少し触ってみると、逃げようとしたので、動けることがわかりほっとしたが、カエル君はさらに体を膨らませて厳戒態勢だ。サツマイモの葉が茂るこの場所には、スズメガやその他の幼虫が多く居るので、夏の間ここでそれらを食べ、気温が下がってきて冬眠に入ったところなのか。  より安全な茂みにそっと放し、しばらくして見に行くとカエル君は居なくなっていた。元気に春を迎えられるとよいのだが。

 

 

原料の粉砕

 原料の粉砕をするために、26日、益子の窯業技術支援センターに出かけた。前回お世話になった時は集塵機の調子が悪く、マスクを着けての作業になったので、今回、予約の際にその旨伝えると、「今のところ大丈夫ですが、またそのような状態になるかもしれないので、マスクを持参してください」と言われた。ということでまた粉塵まみれになる覚悟はしていた。

 ところがセンターに着くと、新築の建屋に案内され、中に入ると、新しい機械が据え付けられていた。

左から、集塵機・ジョウクラッシャー・高速度微粉砕機

 今回も100㎏弱の原料を持ち込んだが、作業を始めると機械の調子は上々で、粉塵にまみれることも無く予定の半分程度の時間で作業が終わってしまった。

 時間も出来て妻と二人だったので、初めて陶芸メッセ周辺を散策してみた。江戸時代後期に建築され、1989(平成元)年にこの場所に移築保存されたという旧濱田庄司邸を見学し、その立派さに驚くと同時に、「益子焼」の原点を見た思いがした。

 

絵付きタイル

 この仕事を始めた初期に、試行錯誤しながらなんとか100枚ほど形にしたものだ。使用した絵の具の耐久性についての確証が得られないまま、見切り発車という形で試作したため、十数年を経た今、タイルと絵の状態を確認しに出かけたというわけだ。

 対面すると、タイルはすべて無事で、絵柄が消えるとか割れて剥落しているといった事態は免れていた。また、汚れやシミやも少なくてホッとした。

 下の写真はその一部。

DSC_0200

DSC_0228

DSC_0216

DSC_0209

DSC_0229

DSC_0226

DSC_0223

DSC_0221

sic棚板の切断

 陶磁の焼成時には、棚板と呼ばれているセラミック製の板を使う。1000℃以上になる炉内で使用する耐火物だ。一般的な陶磁器焼成に使用される棚板は、「炭化ケイ素」(Silikon Carbide、化学式SiC)と、(主に)酸化ケイ素 (Si2O3)を結合させたもので、専門的には「酸化物結合SiC」という。熱膨張が比較的小さく、熱伝導性・遠赤外線放射特性・強度・耐久性に優れ、経済的であること等、その性質から棚板として使われている。炭化ケイ素と酸化ケイ素の調合割合、その他の要素によって、同じSiC棚板でもさまざまな性質を持つという。炭化ケイ素は、「ダイヤモンド」(新モース硬度15)、「炭化ホウ素」(新モース硬度14)に次いで地球上で3番目に硬い化合物だそうで、新モース硬度は13ということだ。

 試作品の制作にあたり、大型のSiC棚板を切断する必要に迫られ、思案した結果、ご近所の「有限会社  品田石材」に相談し、切っていただくことになった。上の写真がその時の模様だ。工場内には、1m程もある巨大な切断用ダイヤモンドホイールもあったが、残念ながら、持参した棚板を切断するには、その巨大なホイールは使用しなかった。切断作業に入ると、棚板は予想以上に硬く、通常の石材の切断よりも時間をかけて、少しずつゆっくりと切断ホイールを動かさなければならなかった。品田石材のご主人によると、「通常の3倍くらいの時間」ということだった。ご主人と若旦那には、手間を取らせてしまったが、おかげさまで、棚板はとても綺麗に切断された。