「未分類」カテゴリーアーカイブ

絵付きタイル

 この仕事を始めた初期に、試行錯誤しながらなんとか100枚ほど形にしたものだ。使用した絵の具の耐久性についての確証が得られないまま、見切り発車という形で試作したため、十数年を経た今、タイルと絵の状態を確認しに出かけたというわけだ。

 対面すると、タイルはすべて無事で、絵柄が消えるとか割れて剥落しているといった事態は免れていた。また、汚れやシミやも少なくてホッとした。

 下の写真はその一部。

DSC_0200

DSC_0228

DSC_0216

DSC_0209

DSC_0229

DSC_0226

DSC_0223

DSC_0221

sic棚板の切断

 陶磁の焼成時には、棚板と呼ばれているセラミック製の板を使う。1000℃以上になる炉内で使用する耐火物だ。一般的な陶磁器焼成に使用される棚板は、「炭化ケイ素」(Silikon Carbide、化学式SiC)と、(主に)酸化ケイ素 (Si2O3)を結合させたもので、専門的には「酸化物結合SiC」という。熱膨張が比較的小さく、熱伝導性・遠赤外線放射特性・強度・耐久性に優れ、経済的であること等、その性質から棚板として使われている。炭化ケイ素と酸化ケイ素の調合割合、その他の要素によって、同じSiC棚板でもさまざまな性質を持つという。炭化ケイ素は、「ダイヤモンド」(新モース硬度15)、「炭化ホウ素」(新モース硬度14)に次いで地球上で3番目に硬い化合物だそうで、新モース硬度は13ということだ。

 試作品の制作にあたり、大型のSiC棚板を切断する必要に迫られ、思案した結果、ご近所の「有限会社  品田石材」に相談し、切っていただくことになった。上の写真がその時の模様だ。工場内には、1m程もある巨大な切断用ダイヤモンドホイールもあったが、残念ながら、持参した棚板を切断するには、その巨大なホイールは使用しなかった。切断作業に入ると、棚板は予想以上に硬く、通常の石材の切断よりも時間をかけて、少しずつゆっくりと切断ホイールを動かさなければならなかった。品田石材のご主人によると、「通常の3倍くらいの時間」ということだった。ご主人と若旦那には、手間を取らせてしまったが、おかげさまで、棚板はとても綺麗に切断された。

みどりえ

 当サイトの挨拶のページにも少し書いたが、焼き物を作り始めた当初、私はガーデンコンテナーのみを作っていた。植木鉢を作るために始めた焼き物だったので、食器を作ることに興味は無かった。  話は飛ぶが、私の生活圏である群馬県桐生市には、以前、「生活の木 梅田の里」という店があった。ご存知の方も多いだろうが、「生活の木」は、 東京の表参道に本社を持つハーブ・アロマテラピーの専門店で、「梅田の里」はその支店だった。当時、「梅田の里」から大型のガーデンコンテナーの注文を戴き、何度か店に足を運んでいた私に、期限切れのハーブの種を、店長さんが分けてくれたことがあった。期限切れとはいえ植物の種なので、発芽能力が残っている物も多かった。そんなこともあって、もともと植物を栽培するのが好きだった私は、50種類ほどのハーブの種を蒔くことになり、その結果、大量のハーブを使い切ることができず、苗を販売するようになった。

 また話は飛ぶが、東京都目黒区、東急東横線の学芸大学駅近くに、「みどりえ」というレストラン&デリの店がある。オーガニック食材のみを使用して料理を提供し、連日多くの人が訪れている人気店だ。常に消費者の立場を最優先にして料理を提供する姿勢は一貫している。以前、春先の一日を、「みどりえ」の店頭で過ごしていた時期があった。ハーブ苗を、出張販売していたのだ。その時のハーブ苗の多くは、先述の「生活の木 梅田の里」で戴いた種を蒔いて育てたものだった(念のために書いておくが、現在の私は苗の販売はしていない)。  先日、「みどりえ」オーナーの萬(よろず)さんに、久しぶりにお会いする機会があった。最近は、東京での展示会のDMをお店に置かせていただいてはいるものの、お目にかかることも少なくなってしまっていたが、萬さんは、私が苗の販売をしている頃には、私の工房と畑を訪れてくれたこともある人だ。

 前置きが長くなってしまったが、この「みどりえ」の店頭に、期間限定で、土鍋を置かせていただけることになった。詳細は後ほどお知らせする。

炊飯リポート

 当サイトの「展示」ページでもご案内しているが、HOTCH土鍋は、「フクモリ神田万世橋店」で展示販売していただいている。その「フクモリ神田万世橋店」のスタッフの方が、実際に片手土鍋でごはんを炊いて、それを記録して下さった。更にその記録を広報の方がブログ記事にして下さった。   丁寧に順を追って炊飯の行程を記録していただいた。

 下記リンクから、フクモリのブログも是非ご覧いただきたい。
(※この炊飯記事は、フクモリ万世橋店ブログ内、

http://fuku-mori.jp/manseibashi/m-blog/6520.html

以下、「フクモリ」のブログ記事からの抜粋


ちょっと前から話題になっている、土鍋でご飯。

 

土鍋でご飯を炊く。というと、ちょっとハードルが高い?

 

と思っていたのですが、タナフクモリで販売している、HOTCHの片手土鍋を使って土鍋ご飯を炊いてみました。

 

お米はもちろん、山形・井上農場のつや姫☆

 

 

 

 

HOTCHの片手土鍋は3合炊きできるそうですが、小心者は吹きこぼれなどが不安なので2合(300g)でチャレンジ!笑

 

つや姫を軽く研いで、たっぷりのお湯で30分程浸水。(冬は乾燥しているので、120分くらい浸水してくださいね。)

 

美味しく炊くポイントとして、しっかり浸水させることで炊き上りのお米の色・ツヤが全く違いますよ〜☆

 

 

 

そして、一度水を切ってHOTCHに入れて、お米と同量の水(300g)を入れて、蓋をして強火にかけます。

 

※つや姫はちょっと少ない水で炊く方が美味しいと言われているので、お水はちょっと少なめに。

 

 

 

 

沸騰したら弱火にして15分。

 

 

 

 

火を止めて更に15分蒸らします。

 

この間は蓋は絶対に開けてはいけません!

 

出来上がりが気になるけど我慢。我慢。

 

 

 

。。。15分後

 

HOTCHは熱々鍋でも蓋のつまみは熱くならないので、素手で触ることができます!

 

なので、そのまま素手で。

 

肝心のご飯はちゃんんと炊けてるのかしら。。。

 

 

おぉ!炊けてます。

 

 

美味しく炊けた目安とも言われる、”かに穴”がぽつぽつと!

 

わかりますかねー?よーく見てください。。。

 

ぽつぽつと見えますよね?! ふっくら炊きあがり。

 

 

 

そして、かき混ぜていくと、香ばしい香りがして、おこげが!

 

これこそ、土鍋で炊く醍醐味ですね!

 

 

 

 

今回はシンプルに鰹節と山形の紅花卵をのせて、いただきますー☆

 

 

ふっくらしていてとても美味しかったです♪

 

 

 

土鍋で炊くのは火加減が。。。なんて思っていたのですが、

 

中火→沸騰→弱火(15分)→蒸らす(15分)

 

と、とっても簡単にできて、火を使う時間は20分程なので、とても経済的☆

 

 

 

そして、今回使用した、HOTCHの土鍋は軽くて、熱しても持ち手が熱くならない優れもの!

 

鍋ぶたや取手を素手で触ったら以外と熱くて火傷!

 

なんてことありますよね?  (。。。私はよくあります。苦笑)

 

HOTCHは熱を逃がす構造になっているので、取手や鍋ぶたを素手で触っても熱くないんです!

 

(あ、でも鍋本体は熱くなるので、気をつけてくださいね。)

 

 

色は3色展開(黒・赤・白)で、ガス専用とIH専用※をご用意。

 

右奥のクリーム色っぽい白。が欲しかったのですが、IH専用※で断念。。。苦笑
(※HOTCH注 : 当IH対応土鍋はガスでも使用できます。)

 

白を作ったそうですが、窯に入れて出したらクリーム色っぽくなったそうです☆

 

手作りなので、そんな感じで1つ1つの色味が少しづつが違うのが特徴的なHOTCHの土鍋です〜。

 

 

 

ご飯本来の甘味が実感できて、ふっくら美味しく炊ける土鍋ご飯。

 

みなさんもぜひチャレンジしてみてくださいーっ☆