「コラム-走り書き-(ブログ)」カテゴリーアーカイブ

ニワトリと野生動物 ①

 この4月13日の夜から14日の朝にかけて、飼育しているニワトリが襲われた。14羽のうちの11羽が持ち去られ、残ったのは3羽のみ。15年以上ニワトリを飼っていて、こういう被害にあったのは初めてだ。私の油断が招いた惨劇で、鳥たちには本当に申し訳ないことをしてしまった。

 鶏小屋は小屋と運動場の2区画に分かれていて、小屋そのものは防獣対策がなされていて獣が入り込めないように作ってある。けれども運動場は市販の防獣網で周囲を囲っているだけなので、獣に対して万全とは言い切れない。小屋と運動場との境界壁の下部には、ニワトリが双方を自由に行き来できるように、スプリング蝶番付きの小扉を設置してある。この小扉には手動のロック機構が備わっているので、人がロックを掛ければ、運動場側の網が破られても小屋への外敵の侵入は出来なくなる。この小扉は通常は24時間「開」の状態で、鷹などの猛禽類が周囲に観察された時や何らかの気になることが起こった時に、ロックを掛けていた。ただ私の中にそこが弱点だという認識はあった。だから小扉を「開」にしている時は常に安心しきっていない自分を感じてもいた。けれども何も起こらなかったことで慣れてしまい、危険な予兆があったにもかかわらず、それを読み違えてしまった。

 事件の1週間から10日ほど前だったと思うが、小屋の側面下部に、動物が掘ったと思われる跡を発見した。この跡は深さ10㎝ほどまで掘られていた。このとき私は野良犬の仕業かと思い、以前犬が襲来した時、この小屋に侵入することが出来なかったことを鑑みて、掘られた部分を埋め戻すこと以外に対策を講じなかった。けれどもここしばらくこの場所で野良犬を見かけたことは無かった。そしてこの後、5日ほど小扉をロックして様子を見ていた。そして変化が無かったため再びロックを外したのだった。

 侵入口は運動場側で動物侵入防止用ネットが破られていた。鳥の羽が散乱し、1羽の死骸も残っていなかった。犬や猫の仕業ならば11羽がすべて持ち去られる可能性は少ないことから、当初は人間による窃盗かとも疑ったが、事件の翌日、早朝に散歩をしていた何人かに聞きこみを行なったところ、意外な動物の名前が挙がった。それは「キツネ」。少し前から複数の狐が目撃されていた。「ちょっと前まであっちの藪に5匹で住み着いてた」、「2日前にも線路を渡っているのを見た」、「あっちの田んぼの向こうで見た」など、皆さん良くご存知だった。

 午後、斜向かいの畑で作業中だったお2人さんに今回の件を話したところ、あそこにニワトリが1羽埋まっていた、と指さされたのはその畑のほぼ中央付近の場所だった。作業中にニワトリを発見したものの回収できずに困っていたところだったという。見れば私の所で飼っていた「名古屋コーチン」に間違いなかった。

 さてそれらの情報をもとにインターネットで足跡の見分け方を調べて現場を再確認したところ、鳥小屋周辺の畑にニワトリの足跡と共にキツネのものと思われる足跡が残っていた。

※ ニワトリと野生動物 ②

 

日立ベビコン

 修理しながら使ってきたRYOBIエアーコンプレッサー(CPU-60)の稼働音(金属的な音)が再び大きくなり、いつ圧縮が無くなるかと不安になっている中、「日立ベビコン」が工房の機器に加わった。塗料が付着し、中古としてもかなりボロイ印象で、そのために格安というモノだった。エアー吸入装置の形状から判断すると、かなり古い機種だと思われるが、予想に反してドレンも汚れてはいなかった。

 とはいえ、導入に当たっていろいろと手は加えた。エアートランスホーマのレギュレータが作動せず、分解したところ内部が錆と劣化で固着しており、廃棄してフィルターレギュレータと交換。トランスホーマに接続されていた圧力計は、ガラスが割れ、文字盤が変形していたため廃棄、エアー取り出し部の圧力計は黄色い塗料で目盛りが見えなくなっていたため分解清掃、エア漏れのためドレンコック修理、電源コード交換、押釦開閉器を設置、3相モーターのファンに塗料カスが堆積していたため分解清掃、ベルト交換、オイル交換、エアー取り出し部のホースニップルを全てカプラに交換、本体から空気タンクへの銅管の分解と点検、ピストンヘッド脱着、逆止弁分解清掃、さらに、エアーチューブの経路変更、リークチェッカーによるエア経路上のエア漏れの点検、修理など。ほぼ状態を把握できたが、結論は、基本的な機能に不具合は無く、古い割にはあまり使われてこなかった機器ではないか?ということに(私の中では)なった。また、押釦開閉器以外は手持ちの品で間に合ったので、費用もほとんどかからなかった。

 全てを分解して塗膜も剥がし、サーフェーサーから上塗りまでやり直してフルレストーションしたいという思いもあったが、ここまでで十分という判断と、そんなことをやっている場合でもないということと、今の外観も得がたいということで思いとどまった。

 

 

小麦製粉

 先日、久しぶりに小麦を挽いた。うちではうどん用の小麦「農林61号」と、群馬県のパン用小麦「ダブル8号」をストックしていて、今回は「ダブル8号」を挽いた。このところ、うどんも打たずパンも作らずだったけれども、正月に久しぶりにうどんを打って、集まったみんなで食べた。この時はうどん用の小麦粉を購入して使った。

製粉機

 私の生活圏に近い館林市に、日清製粉の「製粉ミュージアム」があり、以前見学に行って学んだのだが、日清製粉では「ピュリファイヤー」という機械を使っている。ピュリファイヤーは、上方向への気流によって微細なフスマを除去することができる機械で、この工程を経た小麦粉を使用すると、より白いうどんやパンを作ることができるということだ。

 さすがにピュリファイヤーは持っていないので、うちでは製粉したフスマと粉の混合物、つまり一切の足し引きを行なわない状態から、篩でふすまを除去して製粉完了となる。だからその粉でうどんやパンを作ると白くならずに黒味が強いものになるのだと思う。

篩にかける前の状態
製粉後

 そのように考えると出来上がったうどんやパンの色は、それらの素性を推測する要素にもなり得ると思えてくる。黒味の強いうどんやパンは、ピュリファイヤーを備えていない小規模な施設や個人宅で製粉した小麦粉で作られていると考えられるだろう。

 『アルプスの少女ハイジ』に出てくる「白パン」と「黒パン」は、ピュリファイヤーにかけた粉で作ったパンと、かけない粉で作ったパンの違いなのか?「ピュリファイヤー」がアメリカで考案されたのが1854年で、 ヨハンナ・シュピリが『アルプスの少女ハイジ』を出版したのが1880年から1881年ということなので、シュピリが『アルプスの少女ハイジ』を執筆した時にはピュリファイヤーは既にあったことになる。

 それらの粉でパンかうどんを作って、私が違いを実証すれば良いのだろうけれども、そこまでやる余裕はない。

 

 

謹賀新年

 賑やかな大みそかの余韻を残しつつ工房で迎えた元日は、静謐な日の出前の目覚めと心地よい寒さの中で風呂を焚くことから始まった。

薪のはぜる心地よい音と炎のゆらめきが、未明の時を目覚めさせる。

本年もよろしくお願い致します。

予想外のこと

 畑のサツマイモを収穫した。まず株もとの適当な外縁部にスコップを差し入れ、少しだけスコップを返して土を緩めてから手で芋を掘るという手順で作業をした。いつもは購入苗を植えるのだが、今年は、知人が作った苗をいただいて植えたサツマイモだ。品種は3種類あったが、気にしていなかったので、どこに何を植えたのか、或いは何が何株あったのか覚えていない。

 掘り始めると、その畝は安納芋がメインで、予想以上に出来が良かった。何株か堀り上げ、次の株に移り、例によってスコップを外縁部に差し入れた時、スコップが半分ほど土に刺さった時点で不意に抵抗を感じ、それ以上刃が進まなくなった。とっさに「石に当たったんだな」と思い、石の大きさを探ろうと、スコップでその周辺をまさぐった。しかし、石ならば手に固い感触が伝わりゴリゴリと音がするはずなのに、音もせず、なんだか柔らかい感触が伝わってきた。「あれっ」と思いスコップを抜いた瞬間、その部分の土がゆらゆらと揺れた。「何か出てくる!」と思って息を呑んでみつめていると、土の中から大きなヒキガエルが現われた。写真ではわかりにくいが、20cm程もある大物だ。背中に斜めにスコップの刃の跡がついているのが分かるだろうか。

 思わず「お前大丈夫か?」と声をかけたが、さすがにスコップの刃の攻撃は強力だったとみえて、体を膨らませて威嚇のポーズをとったカエル君はじっとして動かない。少し触ってみると、逃げようとしたので、動けることがわかりほっとしたが、カエル君はさらに体を膨らませて厳戒態勢だ。サツマイモの葉が茂るこの場所には、スズメガやその他の幼虫が多く居るので、夏の間ここでそれらを食べ、気温が下がってきて冬眠に入ったところなのか。  より安全な茂みにそっと放し、しばらくして見に行くとカエル君は居なくなっていた。元気に春を迎えられるとよいのだが。